トラック運転手の年収を暴露する会 » 中川式ストレッチとは

中川式ストレッチとは

近年の社会生活の変化、特にデスクワークの増加や、老化といったことが原因で日々腰の痛みを抱えながら生活をしている方が多くなっています。

とりわけ日本人にとって腰痛というのは国民病とも呼ばれている程で、つらい悩みとなっているでしょう。

そこでお薦めなのがこれからご紹介する“中川式ストレッチ”です。中川式ストレッチとは、文字通り中川卓爾氏が提唱しているストレッチ法です。中川氏は現在では腰痛治療の第一人者とされ、元々プロ野球チームであります阪神タイガースのトレーニングコーチを務めてらっしゃいました。

その後、中京大の講師や日本女子プロゴルフ協会契約トレーナーなどの職を勤めてきて、現在では自身が務める鞍ヶ池ヘルスケア接骨院の院長をしています。鞍ヶ池ヘルスケア接骨院は、愛知県の豊田市御船町山屋敷にあります。

中川氏は一流スポーツ選手の腰痛治療のトレーニングコーチを務めていたことからも分かるように、中川式ストレッチの特徴として腰痛に対するアプローチになります。また、その他に、中川式ストレッチングベンチという腰痛に効果のある器具などもあります。

腰痛というものは一度痛めてしまうと中々完治することは難しく、何度も繰り返してしまいがちなため一生付き合っていく病気などと言われていますが、中川氏はストレッチによって特別な手術などは必要無しに、自宅でも簡単に行えるような作業で腰痛を解消し、さらに再発の防止が出来るとしています。

この中川氏が提唱し確立した中川式ストレッチは徐々にその有用性を認められつつあり、現在では様々なスポーツ協会や企業から講師として中川氏が呼ばれることも増えてきています。

中川氏は腰痛治療に関する著書も出版していて、他にも特許を取得した商品も開発しています。これまでに腰の痛みに悩んできて、どんな治療を受けても、どんな薬を飲んでも思うようにつらい腰の痛みから解放されないといった方に、中川式ストレッチをおすすめします。