トラック運転手の年収を暴露する会 » ブロック注射の副作用

ブロック注射の副作用

激しい痛みを感じるような肩こりや腰痛といった悩みを抱えている人達が現代の社会の中では増えてきています。

痛みは時に学校を休まなければならないような激しさを持ったり、仕事ができなくなるようなこともあります。

これは非常に厄介な問題で、会社に勤めているような方ならば、このような問題でいちいち休んでいられません。

しっかりと治すことがとても大切になってきます。ブロック注射という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは肩こりや腰痛によって引き起こされる激しい痛みを治すための治療法の一つです。

普通ならば鎮静剤といった薬を使って痛みを抑えるのが常套手段なのですが、副作用が気になるという方もいることでしょう。そのような方に勧めたいのがブロック注射なのです。

ブロック注射は神経の通り道である神経伝達路という経路に対して局所麻酔薬を注入するという治療法のことです。局所麻酔によって神経が痛みを感じることをシャットダウンしてしまうのです。そして、痛みをシャットダウンすることと同時に血行を良くしていきます。

これによって症状を改善していくという方法です。症状に対して大きな効果を持っているブロック注射なのですが、注意しなければならないことがあります。

それは、麻酔の効果が薄れると症状が治まっていたのに、また再発することもあるからです。しかし、何回もブロック注射をしているうちに症状は軽減されていきます。

このようなことがあるので、患者さんがあまり効果がでなかったと勝手に判断して止めてしまうということがあるので、ブロック注射とはそのようなものだということをしっかりと認識しておくことがとても重要です。

そして、他にも重要なことは、神経を選択的に選んで、少ない薬剤を注入しているので、障害が引き起こされている部分に効果が限定され、ブロック注射は副作用のリスクが少ないということも覚えておいて損はありません。

五十肩の名医をご紹介しています