トラック運転手の年収を暴露する会 » 先天性の広範脊柱管狭窄症

先天性の広範脊柱管狭窄症

先天性の場合は、遺伝性があるとされているようです。しかし、それ以外は加齢そして老化が原因と考えられていますので、遺伝疾患ではありません。

それでは、広範脊柱管狭窄症にはどのような症状があるのでしょうか?主には脊柱管狭窄症と同じく、手足の痺れや痛み、そして脱力感などがあります。

手足に力が入らなくなれば1人で生活することが難しくなることが多く、介助を必要なとする場合もあります。さらに、歩行障害や排泄障害も伴ってきます。

これらは、ちょっとした転倒などをきっかけにすぐ悪化する可能性もあるようです。治療としては、局所の安静が必要になります。

またけいや腰椎の牽引さらには、器具による固定がおこなわれます。痛みが強い場合は、鎮痛剤など薬も用いますが、効果が低い時は、神経ブロックもおこなわれるようです。

これらの保存療法がきかなくなってくると、今度は入院して持続的に牽引したり、手術となります。ただ、手術をしたからといって完治するわけではないようです。

ですから手術後はまた再び保存療法をおこなっていく形になるようです。ついては、広範脊柱管狭窄症は、完治の難しい病気ということになり、難病と指定されているようです。

ですが、広範脊柱管狭窄症になったからといって、諦めてはいけません。広範脊柱管狭窄症でも諦めずに治療をすれば、改善することは可能です。

まずは、現在の症状を医師にきっちり説明し、どのような手順で治療計画を立てればいいか確認することが大事になってきます。