トラック運転手の年収を暴露する会 » 外壁塗装と新潟県

リフォーム

外壁塗装と新潟県

雪が多い新潟県では、住宅建築物の外壁塗装は常に大きな関心事です。5センチ積もれば生活になんらかの支障がでてくるのが雪ですが、住宅にとっても雪が多いとそれだけ耐久性は下がりやすくなりますので、常にしっかりとチェックして、最適なサイクルでメンテナンスしなければなりません。

冬になると外壁塗装の相場も下がってきますが、雪が多ければ、壁面が雪でかくれてしまうため外壁塗装することができませんので、ほとんどの住宅は雪がない季節が外壁塗装の本番シーズンです。

外壁塗装をするには、まず足場を組みます。足場はできるだけ安全に作業できるようにしっかりと組みます。また無駄の無い作業工程のためには、隅々までしっかりと手が届くように組む必要もあります。外壁塗装業者が依頼した足場屋が組む場合は、付きっ切りで指示を出します。

また特に鉄部は腐食している箇所が多いため、ケレン等でしっかりと錆を落とさなければなりません。この下地処理を職人さんがどれだけていねいに行うかによって、徐々に結果の違いがはっきりとしてきます。

外壁についた汚れは、高圧式の洗浄機で落していきます。しかし高圧であれば誰がやってもすぐに落ちるというものではありません。

汚れは特有のものですので、それを熟知した職人の技が必要になります。素人ではできないものが、見てみるとみるみるうちに落ちていく様子は、見ているだけでも大きな満足感を感じることができます。

洗浄をビニールホースや電気式の洗浄機などで済ます業者はあまりいい業者とはいえません。汚れがよく落ちていない場所に外壁塗装をしても、塗料の付きが悪く、すぐに剥がれてしまいます。

洗浄をすると、職人でも下着の中までぬれてしまうのが常ですが、手抜きをすればいい仕事はできません。

洗浄が済めば、後は下塗りからの外壁塗装作業です。この地方ではほとんどが三度塗りをします。また、手抜きがないように、しっかりと色を分ける場合がほとんどです。