トラック運転手の年収を暴露する会 » フットケアのマッサージ

フットケアのマッサージ

<フットケア足裏マッサージ>
足の裏には、臓器や器官につながっている「ポイント」があり、この「ポイント」を刺激することで、臓器や器官を直接刺激し弱っている臓器や器官の働きを活性化し心身ともに元気にしてくれます。
フットケア足裏マッサージの効用がわかったところで、フットケア通信講座を始める前に足裏のチェックをしましょう。先ずは色のチェック、足裏がピンク→心身ともに健康、白っぽい→エネルギー不足、黄色い→疲れが蓄積されている、紫色→血行不良、赤色→緊張・興奮状態もしくは臓器のバランスを崩している場合。次は足裏にできる角質について確認しましょう。角質が厚くなっている場所によって症状が違います。その場所が「かかと」の場合は月経不順、冷え症、便秘などの症状があり、「親指の付け根」にある場合は常に首こり状態にあると考えられます。

足裏チェックで自分の健康状態がわかったら、さっそくフットケアをしましょう。入浴中なら湯船につかりながらのんびりとフットケアするもよし、また風呂上りには足裏が柔らかいので、フットケアマッサージもやりやすくなります。さらに、就寝前などリラックスした時間帯に行うのもいいですね。

<フットケアマッサージの方法>
足の指を開く→足の指と手の指を交互に組む→足首を軸に足全体を左右に5回、回す→足の指を1本ずつ、つけ根から先まで約10秒ぐらいつまむように押す。このとき各指の側面も押し上げるようにする

<肩や首のこりがある場合>
指のつけ根から下の部分をしっかり押して、もみほぐす。特に親指の周りは念入りに押す。親指のつけ根をもみほぐしたら、ぐるぐる回しましょう。

<便秘がある場合>
土踏まずから踵にかけて、まんべんなく押してもみます。

<月経痛がある場合>
踵をよくもみほぐす。足裏だけでなく、踵の内側と足首の間も十分にほぐす。

毎日、わずかな時間続けるだけで、からだの疲れがとれ、心もリラックスできます。今日から始められてはいかがでしょうか。