トラック運転手の年収を暴露する会 » リハビリで腰痛を解消

リハビリで腰痛を解消

中高年になれば、誰もが身体のどこかしらに痛みを抱えてしまうものです。またこの中でも代表的なものが腰痛や膝痛です。

どちらの症状も嫌なものですが、どちらも持っているという方も少なくありません。腰痛だけならまだしも、腰の調子がよい時に限って膝が悪い、など、日常生活にも負担になりがちです。

このような場合は病院で精密検査を受けることが大切です。よくリハビリを多用したほうが自分には向いているのではないか、と言ってリハビリを早期から実行しようとする方がいらっしゃいますが、やはり痛みの原因を知ってから医師も納得のいくリハビリ法を用いなければ、後で失敗しても誰も面倒を見てくれません。

例えば悪性腫瘍が関連する腰痛もありますが、このような場合に無理をすると急死する可能性も出てきます。内臓疾患をストレッチやトレーニングで解消することは不可能です。

もちろんレントゲンではっきりとした原因がわかるのであれば、リハビリは必要な治療メニューの1つとなります。骨や椎間板、筋肉や靭帯などに原因があるのが最も多いケースですが、筋力アップも骨を助けるために必要ですし、ストレッチをすることで筋肉の血行が高まります。

では整形外科であればどのようなところでもいいのでしょうか?まずリハビリを多用したいというのであれば、リハビリに詳しいところが望ましいと言えます。

整形外科によってはリハビリの有効性についてあまり認識が深くないところも多いようです。スポーツ関係に強いところ、例えばプロのスポーツ選手が多く通っている整形外科、スポーツ外科などは特に人気があるようです。

またドクター自身がリハビリを効果的に用いている、まさに立派な治療見本である、というようなところもお勧めです。

リハビリは常に体温を上昇させ、女性にとっては冷え性の予防にもなります。毎日を生き生きと過ごしていくためには、やはり運動、リハビリしかありません。手術とリハビリ、究極の選択のどちらを取るか、これは手に取るようにわかることです。