トラック運転手の年収を暴露する会 » 腰椎椎間板ヘルニアと足の痺れ

腰椎椎間板ヘルニアと足の痺れ

腰椎椎間板ヘルニアの前期、つまり発症にごく近い期間には、立位や座位などの姿勢の維持がつらくなったり、運動能力が低下したり、また特に下肢の部位での感覚低下などを起こす場合が多くあります。

このような状態が日常生活においてしばらく続くと、やがて本格的に腰椎椎間板ヘルニアの症状を発症するようになりますが、特に急性期につらい状態となりやすいのが、下肢の部位の痛みやしびれなどです。これは、腰椎椎間板ヘルニアにはつきものといわれる、坐骨神経痛の症状です。

坐骨神経痛の症状は、夜も眠れないようなもの、あるいは咳やくしゃみをしただけでも我慢できないようなしびれるような痛みが起きたり、もっとデリケートな方の場合では、外気を吸ったり、外出して音を聞いただけでもひどくしびれてくるという場合もあります。

坐骨神経痛の足のしびれは、運動神経の圧迫が原因と言われています。ヘルニアが神経を圧迫することにより、長時間安静にしていても痺れが持続したり、起こります。

急性期に入り、その期間がある程度進行すると、足に触っても感覚が無くなったり、足の体温調整もできなくなって冷え性になったり、より重度の症状になれば、排尿障害や下半身の麻痺に進行する場合もあります。

腰椎のすぐ近くを通る脊髄を圧迫することで起こるのが坐骨神経痛です。この脊髄をヘルニアが損傷させてしまうと、ほぼ下半身全体が麻痺してしまう恐れもあります。

発症するような予感、軽い腰痛、足の違和感など、その初期の症状は人によって様々ですが、関連しているような症状を感じたのであれば、歳のせいである、というような自己の言い逃れは避け、早期に病院での検査、診察を受ける手配をする習慣をつけておくことが大切になってきます。

歯が痛い、風邪を引いた、などのケースとは違い、特別なものであるという意識が大切です。脊髄の損傷レベルの突出でなければ、特別な処置をすることなく改善していくことが十分に可能です。