トラック運転手の年収を暴露する会 » 頚椎脊柱管狭窄症

頚椎脊柱管狭窄症

腰痛が症状として出ることが多いといわれている脊柱管狭窄症ですが、頚椎と呼ばれている頭・首の辺りに症状がでるという方もいます。

今回は、この頚椎脊柱管狭窄症についてお伝えしていきます。頚椎脊柱管狭窄症とは、他の箇所と同じように脊柱管が狭くなって起こります。

原因としては頚椎ヘルニアや頚椎後靭帯骨化症などが挙げられます。頚椎骨軟骨症とは、加齢によって又は慢性的に繰り返す外傷などが原因となり起こります。

外傷とは怪我だけではなく、首を激しくまわしたりすることなども含み、症状としてはめまい・歩行困難・嚥下障害などが挙げられます。

また、頚椎後靭帯骨化症とは、椎骨には靭帯と呼ばれる骨と骨を結びつけている結合組織があり、その靭帯の後ろ側が肥大し、骨化(軟骨や結合組織に石灰・酸化カルシウムが沈着し、骨組織が生成すること)。

そして、脊髄を圧迫することで起こります。症状としては、手足の機能障害が挙げられます。ここでは、頚椎脊柱管狭窄症の原因として2つの疾患をあげましたが、頚椎脊柱管狭窄症とは、要は脊柱管が狭くなっているのです。

診断はMRIやCTによる画像診断のほかX線撮影の側面画像によって行われ、脊柱管が12~13mm以下(正常は14ミリ以上といわれています)の場合、頚椎脊柱管狭窄症となります。

頚椎脊柱管狭窄症は慢性的な疾病で、進行はとてもゆっくりとしています。またなかなか気づかないことが多く、発見が遅れてしまいがちです。そのため重症化しているケースが多く、気づいた頃には手術適応という状態の方も中にはいます。

日本人の頸部の脊柱は、他の人種に比べ狭いといわれています。もともと狭い脊柱が、更に狭くなるというのはとても危険です。このページをご覧になり、首のあたりが気になるという方は早めに病院へいくことをお薦めします。

検査はMRIやCT、X線撮影によるものなので、宿泊しなければいけないというものではありません。まず、早期発見・早期治療に努めましょう。