トラック運転手の年収を暴露する会 » 鍼灸で不妊症治療

鍼灸で不妊症治療

不妊症とは、簡単に言ってしまえば妊娠できない症状です。性交渉があり、かつ妊娠を意識しているのに、2年程度妊娠できない状態、と定義されています。日本では10組に1組のカップルが不妊症で悩んでいます。

また不妊症は婦人科での治療が主ですが、その他には鍼灸が効果が高いと言われています。

中国では不妊症を絶子、あるいは不孕などと言います。子宮内にォ血と呼ばれる状態が続くこと、また虚弱体質、ストレスなども原因になり得る症状です。

また鍼灸での治療は妊娠しやすい体質への改善が基本になります。不妊症の患者さんの体質にも様々です。それぞれの体質にマッチさせた治療法を用います。

妊娠の条件とも言えるのが、まず健康な状態の卵子、排卵と、卵管内での受精、そして着床の流れです。気や血液、水分の代謝を整えることで、この流れをスムーズにし、妊娠しやすい状態にすることが大切です。具体的には月経の周期が安定化すること、また卵子の質の向上や子宮の内膜の安定化を目指します。

また鍼灸の効果として、生理痛の改善や子宮内膜症の改善、肩凝り、冷え性や不眠症、便秘の改善効果を得ることも大切です。これらの改善は直接精神的なリラックス効果をもたらし、妊娠したい気持ちと共に肉体的な力を付けることができます。

またもちろん受精には男性の健康な精子も大切です。女性に責任が大きい、と思われがちですが、実質的には男性に責任がある場合が半数とも言われています。また現代的な要因としては食生活の変化や日常のストレスなどが考えれられます。精子の減少に直接的に関わってきます。

そして勃起不全の問題も徐々に多くなっています。勃起ができても射精まで行かない、性交渉自体になんらかの拒否感を持っている、またSTDの感染も大きな要因の1つです。

つまり不妊治療は絶対的にカップルで受けるのが理想です婦人科、そして鍼灸での治療を両立させることはより早期の回復のために効果的です。