トラック運転手の年収を暴露する会 » フットケアの仕事について

フットケアの仕事について

フットケアサロンでの仕事に就きたい、という場合はどのような方法があるのか。最近話題になっているサロンでもありますので、将来の希望とされる方も多いようですが、ドイツ式のフットケア、つまりフスフレーゲの施術を学びたいという場合は、FSIという機関やフットケアの講座がお勧めです。

FSIはフスウントシューインスティテュートの略です。日本では最も早くから設立された足と靴の技術者養成カレッジとして評判が高く、その概念も有名なドイツ式を採用していることで、もっとも幅広い足のケアをしたい方にお勧めです。

フスとは足、またシューは靴を意味します。足と靴のトータルな教育のために、充実したカリキュラムを持っているといわれています。

ドイツでは靴を足の一部と考え、靴が悪ければ足は悪くなって当然、という考え方が一般に普及しています。

本場ドイツの講師もたくさん集まり、本国の最新テクノロジーの紹介や、実践教育についてもスピーディーに取り入れ、常に高いレベルの技術者を養成するための準備が整っています。

フスフレーゲを習得すると、フスフレーガーとなりますが、基本的な知識から実践的な知識まで、幅広い知識を身につけることが必要です。

足と靴のプロセミナー、そして専門的な実技コースを経て、留学による特別研修を修了すれば、マスターフスフレーガーに認定されます。

これらのセミナーは、ドイツ式のフットケアの基本である靴の大切さ、という概念の影響から、昔はドイツ製のシューズを扱う業者さんが受講されていたそうです。
また最近ではエステ、リフレなどの美容と健康をテーマとするサービスが増えてきたことで、様々な業界の方のニーズにマッチしてきています。

医療関係者からも注目を集め、糖尿病の足の病変に関わる関係者も多いそうです。その他には高齢者の福祉施設の方にも注目されています。

とても将来性の高い資格、と言えますが、基本セミナーだけでもやはり、かなり奥が深い内容だそうです。