トラック運転手の年収を暴露する会 » 腰痛とクッション

腰痛とクッション

デスクワークをされている方が腰痛になるとどうしても気になってくるのが、椅子です。デスクで仕事をする方法というのは変えたくても変えることができない場合がほとんどです。

とくにパソコンを使用する場合、キーボードやマウスなどを工夫することもできますが、そのことで腰痛が改善したというケースは稀なようです。

最も腰痛の原因になりやすいのは、座っている時に腰を前に出し、背中が丸くなっていく姿勢をとることです。背もたれの角度がついているものでも、前かがみの姿勢にあったものはありませんし、そのようなことができてもやはり不自然と言えます。

座面が硬すぎず、またやわらかすぎないようなものを選ぶのもポイントです。特にやわらかすぎる場合、バランスが悪くなって腰への負担が余計にかかってきます。

また高さについても注意が必要です。膝が座面よりもわずかに上にくるようにできる椅子であれば理想的ですが、大勢で使用するという場合にはある程度メリハリのあるものがよいと思います。

椅子と臀部、背中とのズレを解消するために有効なのが、クッションなどの緩衝道具です。これは低反発素材のものも多く販売されています。

低反発タイプであれば、上体の重さによる腰への直接の負担を軽減させることができますので、一般的な座布団などよりは多少値段は高いようですが、椅子を取り替えるよりはメリットは大きいと言えます。

臀部よりも背中に近い部分をサポートするタイプのクッションもあります。バックハガー等と呼ばれるものですが、背中に違和感が大きい場合は座面用のクッションと併用させることもできると思います。

椅子、クッションはパソコンなどを長時間される方にとっては必需品と言えますが、パソコン専用に開発された腰痛用の椅子なども機会があれば実際に座ってみるなどしてチェックするのも参考になっていいと思います。普通の椅子よりは座り心地がいい、と感じる方も多いようです。