トラック運転手の年収を暴露する会 » 変形性膝関節症の治療法

変形性膝関節症の治療法

変形性膝関節症は老化などが原因で膝関節の軟骨や半月板、靭帯が磨り減った利損傷したりすることによって起こる症状で、歩いたり階段の上り下りなどをしたりするときに痛みを与えます。

この変形性膝関節症の患者は全国で約700万もいるといわれており、様々な形で治療が行われています。

変形性膝関節症に良く用いられているのが保存療法と手術です。保存療法はいくつもの改善法を平行して行うことで身体の治癒力を高めて病気を治療していく方法で、愁傷患者で無い場合はこのやり方で治療していくことになります。

代表的なものだと運動療法や理学、食事、装具、投薬などの療法を用いることが多いようです。いくつか例を挙げると運動療法や理学療法は運動やリハビリを行う方法で、身体に負担が掛かり過ぎないように軽い運動やリハビリを繰り返すことで治療していきます。

こうした運動を行うことで代謝機能が活発になったり、太り気味の患者の場合は減量によって、膝に掛かる負担を減らすことも出来るため変形性膝関節症の症状が軽い患者はもちろん手術後の患者にもよく用いられる方法です。

食事療法は軟骨を構成する栄養素であるヒアルロン酸やコラーゲンなどを食事やサプリメントで補給することで軟骨の炎症を回復させるために用いられうます。

装具や投薬は痛みが激しくて辛い時や痛みがひどいけれども動かさなければいけない状態の時に用いられます。

装具は膝にサポーターを装着することで膝に掛かる負荷を分散させて歩行を楽にさせるもので、投薬はその名の通り鎮痛剤などの薬を飲んで痛みを抑える方法です。

どちらも激しい痛みには効果的ですが根本的な完治というわけではなく、他の治療後の保護を行うものなので過信しすぎは禁物です。

変形性膝関節症の手術療法はこうしたものでは間に合わないほど症状が進行している場合に行ういわば最後の手段です。

手術は身体にも大きな負担が掛かるので膝に違和感があった場合は早めに病院に行って症状が軽いうちに治してもらうようにしましょう。