トラック運転手の年収を暴露する会 » 腰椎すべり症の症状について

腰椎すべり症の症状について

中高年などに多い腰椎すべり症ですが、代表的な症状は腰痛とは言うものの実際は腰痛にも様々な傾向があり、さらにもちろん他の症状も考えられます。いくつか言及します。

まず腰椎すべり症の症状の中でもぎっくり腰に近い症状、つまり急性期のものです。ぎっくり腰に近い状態と言うことでその痛みは激しいものとなっています。急性期と言うのは腰椎がすべってしまうこととそれに対し反対に生じる戻る動きで筋肉に負担がかかることで痛みとして症状が現れます。

前述の腰の激しい痛みに加え、腰下が抜けたような感覚や腰が据わらないと言った症状があります。これらに対し症状が進み慢性化したものの特徴を追ってみます。

このすべり症において殆どの方がこの慢性期の症状を抱えているでしょう。実は先程説明した急性期の症状は一般的にすべり症とされることはなくぎっくり腰や椎間ねん挫と診断されます。つまりはこの慢性期の症状こそがこのすべり症の本来の症状と言えます。

その具体的な症状としては腰が重く感じること、だるく感じること。また長時間座り続けた場合、その後立ち上がった際にしびれを感じることや、お尻から太腿、足先までのしびれと言った坐骨神経痛の症状。

また痛みや違和感から集中力がそがれることやイライラがつのってしまうことがあります。また、背筋を伸ばす、背中を反るという動作をとると痛みやしびれを生じる脊柱管狭窄症の症状もあります。

このようにすべり症から来る症状でも様々なケースが存在します。いずれにしても急性期の激しい痛みや慢性期の恒常的な痛みや違和感と言うものは十分に日常生活の妨げとなります。

しかし、このすべり症を予防する術はそれほど難しくありません。適度な運動と十分な休息をとるということで大いにそのリスクを減らすことが出来るのです。