トラック運転手の年収を暴露する会 » 分離症とすべり症

分離症とすべり症

分離症、そしてすべり症はどちらも腰椎に多く見られる症状です。分離症の場合は脊椎の椎間関節の骨が分離してしまう症状ですが、その原因の多くは、腰の曲げ伸ばしを過度にしたりして起こる疲労骨折であると言われています。

よく少年期にも過度にスポーツをしすぎるとなってしまうと言われますが、この場合にも負担がかかりすぎて発症することになります。

また、すべり症は椎骨が前後にずれてしまう症状です。分離から起こる分離すべり症は脊椎の安定が維持できず、多くは椎間板が変性したりします。分離のない変性すべり症は進行によって腰部脊柱管狭窄症になる場合が多くあります。

痛みの症状が出ないこともしばしばですが、立ったまま長時間の仕事をしたり、腰部を不自然に反るような姿勢を多くとったりすると、腰痛が出現します。痛みの元は骨の部分で、神経的な症状はほとんど無いといっていいようです。

またすべり症の場合では、腰痛、下肢のしびれや痛みなどが出現することが多く、腰部脊柱管狭窄症や、もっとひどい場合には馬尾症候群を引起こすこともあります。

治療については、保存療法として長期に安静にしたり、コルセットなどを装着して部位を固定したり、鎮痛剤を投与する、または神経ブロック注射をすることもあります。

これらによって症状が消えない場合や、骨がまったくつくようでない、というケースでは手術をすることもあります。

またすべり症の場合には腰痛などの腰部分の痛みのみであるという場合にはコルセット、鎮痛剤、ブロック注射などを試みます。それでもなかなか痛みが消えず、下肢の痛みが出現したり、筋力の低下が著しい、という場合にはやはり固定術などの手術療法が用いられます。

リハビリテーションをする場合も多いですが、リハビリ専門の医師に相談しながら、注意深く症状にマッチしたプログラムをプランすることが重要でしょう。

すべり症の名医をご紹介