トラック運転手の年収を暴露する会 » 腰痛と産後、赤ちゃん

腰痛と産後、赤ちゃん

産後は疲労感が大きいものです。しかしそうも言ってはいられません。もちろん生んだ赤ちゃんの世話をしなければならないからです。

また多くの場合、まず赤ちゃんのケアをしながら腰痛に対処しなければなりません。産後の腰痛はどんな妊婦さんにでもある症状と言われていますが、様々な対処法、アイディアを駆使することが大切です。

しかしながらかわいい赤ちゃんのケアをしていると、どうしても自分の身体は後回しになってしまう、と悩んでしまう方は少なくありません。

しかしそれでは産後の腰痛はなかなか治りませんし、痛みを抱えて長期間ケアをしていると、そのうちに赤ちゃんのケアにも支障が起こったら大変です。

子育てと産後の調整を両立させるため、自分の体力、腰痛のケアを後回しにしないで、最低でも腰痛を悪化させないようにするためには、まず栄養分を沢山吸収することです。

その他には1日にわずかの時間ストレッチや筋力トレーニングをするだけでも腰痛には効果があります。その他には授乳時の姿勢があります。

体調が悪いまま抱っこしながら授乳させていると、どうしても偏った姿勢になってしまいます。また授乳の姿勢は習慣化しやすく、抱っこしながら買い物をしたりする場合も身体のバランスを崩しやすくなります。

とても大切な赤ちゃんですが、常に抱いていなければならない、ということはありません。寝かせるのも早いですし、その間に自分の身体のケアをしっかりしているという方も多いようです。

また婦人科での診察の他には、整体やカイロプラクティックなどで身体の歪みを矯正することも有効です。

特に自分の身体のバランスが悪化している、下半身が太ってしまっている、などで悩んでいる場合は、産後の半年はとても痩せやすい時期ですので、この貴重な時期を活かして歪みを矯正し、妊娠前よりもスリムアップするように心がけることがお勧めです。

また赤ちゃんはだんだんと体重を増やしてきます。常にこのことに意識していないと、ますます負担が増えますので要注意です。