[PR]


トラック運転手の年収について

トラック運転手になることについて話す時に、トラック運転手に限らず年収というのは気になるものです。給料は日常生活の基盤ともなるべきものですから、当然です。

しかしトラック運転手について軽く調べてみると、人によって給料や労働条件が良いか悪いかは様々に言われていて実際のところトラック運転手はどうなのかというのがわかりにくい部分があります。

もちろん、同じトラック運転手であっても稼ぎは人によって異なってきますから、人によって意見が変わってくるのは当然です。とはいっても、自分の就職先としてトラック運転手を考えた際に、どの程度稼げるのかわからないというのは検討しにくいですね。

なぜトラック運転手の年収はそのようにバラけてわかりにくいのかといえば、トラック運転手の給料形態が複数あるためです。トラック運転手の給料体系は大きく3つに分かれていて、固定給、固定給+歩合、完全歩合の3種類です。

固定給は毎日確実にある程度の仕事が見込める、定期便などを扱う会社に多いようです。固定給+歩合は荷物の量にバラつきがある会社に多い形式です。固定給+歩合では、専属便という、荷主と直に契約するタイプのトラック運転手も多いようです。

最後に完全歩合。こちらはフリー便、長距離輸送などに多く、頑張れば頑張っただけ給料は増えますが、身体を壊すなどして働けないと給料もなしという高いリスクがあります。また、繁盛期と閑散期の差が激しいのも注意です。

所属する会社がどのタイプの支払い体系なのかによって得られる給料も大きく変わりますが、他にも、大型車か小型車かによってもその目安は変わります。

また、会社によっては基本給のほかに、整備手当や無事故手当といったものを設定しているところもあります。整備手当は、トラック運転手が自分で出来る範囲の整備を行うことで、経費を削減できるためのものです。

給料に整備手当が含まれている形式の場合、整備を怠った状態で乗り続けていると、年収が減るということにもなります。整備を怠っていれば事故の確率が高くなりますが、ちょっとした整備まで全て外部の整備士に依頼していては経費がかかりますから、当然の対応です。

小さな運送会社の場合、社会保険などの福利厚生が整っていないようなところもありますので、トラック運転手に就職する場合には年収だけでなくそのような点にも注意してリサーチをかけたほうが良いでしょう。

では具体的に、トラック運転手の年収というのはどのくらいあるのでしょうか。歩合給は差が激しく比較が難しいので、ここでは大型車と小型車で比較をしてみたいと思います。

大型か小型かで必要な免許も変わってきますから、どちらのトラック運転手を目指すかで自分が用意するべき準備も変わってきます。

下のグラフは、ここ10年のトラック運転手の年収の違いです。青い線が大型、赤い線が小型の場合です。運べる荷物が違うのだから当然ですが、基本的に大型の方が年収も大きくなります。



また、トラック運転手の平均年齢が45歳弱であることにも要注意です。つまり、そのくらいの年齢でこのグラフの年収になる可能性も高いということです。

不況の現代日本では小型のトラック運転手でも平均350万円を超えているというのはなかなか稼げているように見えますが、結婚して子供を作ることを考えると、40歳を超えてこの年収というのは共働きも考える必要があるでしょう。

多少無理しても一気に運べばいいだろう、と思うかもしれませんが、実はトラック運転手というのは連続運転ができる時間や休息を取るべき時間などが法律で定められています。

長距離の運転は疲れやすいので、大事故を起こさないためにも、無茶をしてはいけませんと法律で決まっているのです。そのため、若くて健康であったとしても法律を守りながら走行する必要があるので、どうやっても年収には限界が出てきてしまうのです。

お薦めサイト一覧

ブロック注射について詳しく知りたい方はブロック注射情報ナビをご覧ください。

変形性膝関節症の治療でお悩みならこちらの方法をお試しください。

本物のリバイタラッシュを購入したければこちらのサイトをご覧ください。

リノベーション費用見積比較ナビのサイトはこちらです。

新着情報